製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ
トップ > 製品情報 > 農業用システム > 農地情報入力システム
概要
農地情報
入力システム
土壌硬度計
TRIMEシステム

農地情報入力システムとは?

今や農業もデジタル化の時代となり、地域単位での圃場の管理(作物や田畑の状態)もGISで管理されつつあります。GISで管理するためには管理区域内の圃場情報が何よりも先に必要となります。その圃場情報を俊敏に簡単にGISへ登録するためのシステム、それが農地情報入力システムです。

デジタル化やGISなど言葉の感じは難しそうに思われがちですが、ティンバーテックが提案する農地情報入力システムは現場での実際に行う作業はとても簡単です。

1. 計測する農地の角で位置を記録

該当農地の角となる場所全てで、GPSから位置を記録。一枚計測後、記録ボタンでデータを追加。


GPSによる位置取得

計測画面

2. 農地情報入力

該当農地の情報を入力すれば登録は終わりです。

一枚の農地はこれだけでデジタル化完了です。瞬時に面積や周囲長なども計算されます。一枚ごとに農地を計らず、計り易い順に農地の角をまとめて計り、後から角を繋げて農地を作っていく方法もあります。

基本構成

農地情報入力システムは大きく分けてモバイルコンピュータ(通称PDA)、GPS受信機、モバイルソフトウェアの3つが主な構成となります。この3つを、用途や環境に考慮しながら選択していきます。(構成により別途ポールやバックパックが必要となります)


  • モバイルコンピュータ

hp iPAQ

   コストパフォーマンスに優れ、標準でBluetooth無線通信も可能です。またシリアルポートもCFカードスロットを使用すれば同時に2ポート使用できます。


Trimble Recon

強力な防水防塵性能を備えた耐環境PDAです。また標準で192MBの不揮発メモリを備え、データの損失を防ぎます。CFカードスロットを備え、Bluetooth機能(オプション)も使用可能です。

 
  • GPS受信機
DGPS: 精度約1m Hemisphere GPS A100 (SBAS対応) 
Trimble Pathfinder ProXT/XH (SBAS対応) 
Trimble GeoXT  /XH 
(PDA+GPS受信機一体型)
DGPS: 精度約20cm Fugro OmniStar 8200HP (受信料有料) 
DGPS 後処理精度約50cm Trimble Pathfinder ProXT 
Trimble GeoXT 
DGPS 後処理精度20cm以下 Trimble Pathfinder ProXH + Zephyr Antenna 
Trimble GeoXH + Zephyr Antenna 
注)その他、NMEA0183準拠のGPS受信機ならご使用頂けますが、面積を管理するため精度1m以上のGPS受信機を推奨致します
 
  • モバイルソフトウェア

ESRI ArcPad 7

ESRI社のモバイルGISソフトウェアです。当社製品ExPadを組み合わせればレーザー機器やその他計測器も使用可能です。ArcGIS Desktopシリーズにもシームレスにデータ移行可能です。またTIMBERTECH ExPad Editor を使えば管理を行う作物情報データベースファイルも簡単に作成できます。


TIMBERTECH GeoSketch

主に「測量」に特化したモバイルソフトウェアです。簡単な操作でGPS測量、レーザー距離計を使用したトラバース測量とその場で行える精度計算など、正確に計測を行いたい場合に最適なソフトウェアです。一般的なGIS機能やデータ移行機能も備えます。

 

オプション

計測した農地情報を管理するソフトウェアや、簡単に帳票が打ち出せる帳票専用ソフトウェア等を、オプションで多数ご用意しております。

デスクトップでの管理、解析 ESRI ArcGIS Desktoシリーズ (ArcView,ArcInfo,ArcEditor)
帳票出力 TIMBERTECH FORMAS Office (トラバース測量の場合)
TIMBERTECH GPArea (GPS測量の場合) 
MS-Excel編集 TIMBERTECH CSV Convert (ESRI ArcPad拡張ソフトウェア)
 

アクセサリ

その他快適にお使い頂くためのアクセサリをご用意しております。

など
 
Copyright © TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.